ワキガ菌

ワキガに菌がある、それが臭いの元?

ワキガはアポクリン腺から出る汗から臭いますが、その汗そのものが臭うわけではありません。
その汗を好む菌が繁殖して、臭いを発するのです。シャワーを浴びたあと直ぐには、臭わないのです。

ワキガ菌ってどうしてできるの?

汗そのものには臭いはありませんが、衣服に付くことによって菌が繁殖するようになって、それが臭いの元となります。汗をかいた時は、汗ばかりでなく、皮脂腺からも脂が出てきます。その汗と脂が一緒になって臭いを発するのです。栄養たっぷりの汗に細菌が繁殖してできる菌がワキガ菌です。
ワキガでない人は、アポクリン腺が少なく、それを栄養にして繁殖する菌が住みにくいという事です。
菌というと、悪者にしてしまいがちですが、世の中には沢山の菌があります。たとえば乳酸菌、これは私達の身体にとても大切な菌であることは、皆さんよく知っていますね。
アポクリン腺が臭いを発する元になる菌だからと言って、すべて除いてしまう事は良くありません。まわりには様々な菌があり、皮膚感染から肌を守ってくれる菌もあるのです。

ワキガ菌対策

ワキガ菌は、おもに脇の下に多く住み着いている常住菌、コリネバクテリウムとブドウ菌などがアポクリン腺の汗を好んで、ワキガ菌になります。汗から出る水分とそれらの栄養菌によって繁殖する時に、臭いが出てきます。
特に脇の下は、衣服で覆われていることも多く、汗が流れ出ることは少ないので、細菌は活発に働き、臭いを出します。

菌を作らない

ワキガ菌は、汗が出たあと細菌が繁殖して臭うので、まず菌が発生しないようにすることですね。
それには、シャワーを使う、お風呂に入るなど、洗い流せば菌も繁殖できません。しばらくの間は、ワキガの臭いはしないのです。
しかし、一日何回もシャワーを浴びるのは無理な話で、どうしても着ている衣服に臭いが付いてしまいます。汗は衣類に吸収され菌を作ってしまうので、衣類のワキガ菌を破壊して、繁殖を抑えるクリームなり、スプレーを使う事が臭いを作らない解決になるかもしれません。
まずは、臭ってしまう衣類は着ない、シャワーを使って汗を流す、食生活は野菜中心にするなど、努力してみましょう。
今、菌を100%除菌して、一日中菌が繁殖しないノアンデという製品も出ています。敏感肌や乾燥肌の人にも、安全に使えるのは、無添加で無香料・無着色だからです。それに日本製というのも信頼できます。
色々な方法を試しても、効かなかった人には試してみても良いかもしれません。

ワキガの黄ばみ

ワキガで服が黄ばんでしまった、黄ばみの落とし方は?

ワキガで服が黄ばんでしまった、黄ばみの落とし方は。
服に黄ばみが付いてしまう原因は、おもにワキガ菌の仕業です。アポクリン腺から出る汗が、衣服に付くと、雑菌が繁殖しやすくなります。水分と適度な温度がある脇に下は、細菌が繁殖するのに都合のよい条件になってしまいます。白い服を着たときは、気になりますね。
色が付くのは、アポクリン腺に含まれているリポフスチンという成分で、人種によって色が違い、日本人は薄い黄色が多いです。

一番簡単で効果的なのは、落とし方は?

汗から出る皮脂が原因なので、黄ばんで来たらすぐに洗いましょう。家庭の洗濯機で洗うには漂白剤を使いましょう。
特に重曹はどこの家庭でもあると思います。これって結構漂白作用があるんですよ。
ほかに漂白剤といても酸素系、塩素系と2種類あり、多分、普段気軽に使っているのはアルカリ性の酸素系が多いです。塩素系は強力な漂泊作用がありますが、生地を痛めるのであまりお勧めできません。
まず重層を使ってみましょう。
重曹は漂泊作用があるので、台所において置けば、シンク廻りの汚れたところを簡単に落としてくれますし、洗剤の代わりをしてくれる非常に便利なものです。
またケーキやパンを作るとき、ふっくらと仕上がり、食品としてもあらゆるものに使われているので、安全性は保障されています。
重曹大さじ一杯を500mlの水に溶かしてよく混ぜ、そこにワキガで黄ばんでしまった部分をつけます。

朝、洗濯する人は、前の晩につけておいて、ほかの洗濯物と一緒に洗えば、手間ひまかかりませんね。

それでも落ちない場合は?

ワキガの色は、確かに簡単には落ちません。特にためて何日か置いてしまうと、汗から出た脂質やたんぱく質が服にしみ込んでしまい、落ちにくくなります。
重曹では落ちなかったら、重曹と酸素系漂白剤を混ぜたものを作ります。1対1の割合で混ぜて作ります。それを黄ばんだところに塗り、できればドライアーで温風を当てると、より効果的です。

温めれば温めるほど効果を発揮するので、面倒でもして下さいね。あとは普通に洗濯します。
ただし、色物や柄が入った服は、薄くなったり、消えてしまう場合があるので、使うのに注意が必要です。できればやめておきましょう。

さらに強力な落とし方

色物には使えませんが、黄ばんでしまった所にキチン泡ハイターを吹きつけると、10分ぐらいでびっくりするほど白くなります。
中高校生の体操着などは、最も落ちにくく苦労しますね。臭いを落とすと同時に最も漂白効果が高い塩素系漂白剤が、有効です。ある程度の時間付け置きをして洗うと良く落ちます。

ただ、臭いがツンと残ることもあり、布地が傷みやすいのが難点です。また他のものと一緒には洗えないし、服に臭いが残ることが多いので、頑固な汚れ以外にはなるべく使わない方が良いです。

多汗症

多汗症だとワキガの臭いがひどい!多汗症=ワキガ

多汗症はワキガと同じと思っている人がいますが、そうではありません。多汗症は臭いがほとんどなく、ワキガは臭いがあるという違いがあります。

多汗症と発汗恐怖症は全く違う?ワキガとの関係とは

ワキガは、アポクリン腺から出る汗のことですが、多汗症はエクリン汗腺から出る汗が、必要以上にたくさん出ることを言います。普通は暑い時や運動した時、熱いもの、唐辛子のような辛みのものを食べた時に汗がどっと出ますが、多汗症は、そのような状況でなくても、どっと汗がでる症状を言います。
汗は手足、頭、顔、脇下などにも多量に出て、人によっては他の部分でも汗がでますが、原因として交感神経過敏症があげられます。
特にストレスは大きな原因になっています。人の前で緊張したり、仕事上で失敗してはいけないとの思いが、大きく不安となって汗が噴き出てきます。また人と話していて緊張のあまり、汗で手などもベトベトになったりし、それがストレスになって、ますます汗をかくと言った悪循環になることもあるのです。

交感神経の過度の反応ですが、発汗恐怖症とも呼ばれています。
他には、原因としてホルモンバランスが乱れる場合もあり、特に女性は更年期の症状として、急に熱くなったり、急に冷えたりと、その都度汗をどっとかくこともあります。
特に働き盛りの人は、汗が気になってうつ病になったり、対人恐怖症になったりする人もいます。
その時は早めに医師に相談することをお勧めします。

原因の違いはココ!ワキガとは遺伝で多汗症はホルモンバランス・ストレスでなる

多汗症はストレスや神経過敏、ホルモンバランスなど、いくつかの原因がある場合が多いですが、ワキガはそれらの原因で臭うという事ではありません。中には多汗症がワキガになりやすいのではと思いますが、ワキガは通常の汗とは違い、アポクリン腺から出るので、アポクリン腺が多いか少ないかは、遺伝要素によるのです。

ワキガは、たいして汗をかかなくても臭いがきつくなりますが、多汗症ではそれほど臭う事はありません。
日本人でワキガの人は、やく10%ほどのようで、周りの人から嫌がられることが多く、病気ではないとしても、本人にとっては深刻な問題になっています。

そのような社会事情から、ワキガ手術は病気ではありませんが、保険適用になっています。
そのような状況から、今はワキガに大きな効果のある製品が沢山出ているので、手術を考える前に、良く調べてみる必要もありますね。もしかしたら、自分に合っている製品が見つかるかもしれません。

汗の臭いは、ほとんど臭わず異常な量がでる症状が多汗症です。

脇汗

脇汗の臭いとワキガの臭いは全く違う?

脇汗とワキガ、どちらも同じだと思っている人は多いと思います。汗は、暑い時、運動した時、緊張してかく冷や汗なども、普通の汗です。その汗は、99%が水分です。

脇汗はワキガと一緒!臭い・汗ができるとこは一緒だった

普通の汗と言われても、どんな汗?ですよね。この汗はエクリン汗腺から出る汗で、色もあまりなく薄くって乳白色をしているので、ほとんど判りません。主にタンパク質、脂質などが含まれています。

エクリン汗腺から出る汗は、99%が水分なので、ほとんど臭いはないのが特徴ですが、やはり汗をかくと、一緒に角質や身体にいらなくなった脂が出てきます。そこに雑菌繁殖して、あの汗臭い匂いがでます。

この汗は、誰でも持っている汗腺で、特に暑い時は、毎日のようにお風呂にはいったり、シャワーを浴びるなどすれば、汗臭さも軽減されます。ほとんど水分ですが、少しは脂や角質が一緒にでるので、結構臭う人もいるのは確かです。

脇汗とワキガの臭いは全く違う!汗の質の違い

脇汗も臭いはありますが、ワキガのようなツーンとした匂いではありません。中高生が部活などで使う体育館は、汗の臭いが充満している場合がありますが、耐えられない臭いではありませんね。まあ、ムッとする臭いですが、ある程度いると慣れて気にならなくなることもあります。

剣道着なども、頻繁に洗わないので汗臭い匂いがしみ込んでいますが、日干しにしたりすると、ある程度臭いは消えます。

ワキガの臭いは、脇汗とは全く違う臭いになります。アポクリン腺から出る汗と一緒に、多くのたんぱく質や、脂が出てきます。欧米人にワキガが多いのは、もともとの遺伝もありますが、肉食中心で、油脂やたんぱく質を沢山取っていることも関係しているようです。

全般的に欧米人は体温自体が高く暑がりのため、良く汗をかくので、そのため雑菌も繁殖しやすく、臭いも強くなります。ワキガは体臭としてそれほど嫌がられていないこともあり、日本ほどは、問題になっていません。

このように、脇汗とワキガは、汗の質が全く違うので、臭いも違ってきます。ワキガは遺伝的要素が多く、家族も気が付かないことが多く、本人にとっては深刻な問題なので、ちゃんとした治療が必要になります。

日本のように満員電車に乗ったり、人ごみの多いところに行ったり、レストランで隣の人との間隔がなかったりと、臭いは気になることが多いですね。

でも、今はワキガ対策の良い製品が、どんどん出ているので、それらを使って臭いがほとんど気にならなくなって、快適に過ごす人も多くなってきました。