多汗症

多汗症だとワキガの臭いがひどい!多汗症=ワキガ

多汗症はワキガと同じと思っている人がいますが、そうではありません。多汗症は臭いがほとんどなく、ワキガは臭いがあるという違いがあります。

多汗症と発汗恐怖症は全く違う?ワキガとの関係とは

ワキガは、アポクリン腺から出る汗のことですが、多汗症はエクリン汗腺から出る汗が、必要以上にたくさん出ることを言います。普通は暑い時や運動した時、熱いもの、唐辛子のような辛みのものを食べた時に汗がどっと出ますが、多汗症は、そのような状況でなくても、どっと汗がでる症状を言います。
汗は手足、頭、顔、脇下などにも多量に出て、人によっては他の部分でも汗がでますが、原因として交感神経過敏症があげられます。
特にストレスは大きな原因になっています。人の前で緊張したり、仕事上で失敗してはいけないとの思いが、大きく不安となって汗が噴き出てきます。また人と話していて緊張のあまり、汗で手などもベトベトになったりし、それがストレスになって、ますます汗をかくと言った悪循環になることもあるのです。

交感神経の過度の反応ですが、発汗恐怖症とも呼ばれています。
他には、原因としてホルモンバランスが乱れる場合もあり、特に女性は更年期の症状として、急に熱くなったり、急に冷えたりと、その都度汗をどっとかくこともあります。
特に働き盛りの人は、汗が気になってうつ病になったり、対人恐怖症になったりする人もいます。
その時は早めに医師に相談することをお勧めします。

原因の違いはココ!ワキガとは遺伝で多汗症はホルモンバランス・ストレスでなる

多汗症はストレスや神経過敏、ホルモンバランスなど、いくつかの原因がある場合が多いですが、ワキガはそれらの原因で臭うという事ではありません。中には多汗症がワキガになりやすいのではと思いますが、ワキガは通常の汗とは違い、アポクリン腺から出るので、アポクリン腺が多いか少ないかは、遺伝要素によるのです。

ワキガは、たいして汗をかかなくても臭いがきつくなりますが、多汗症ではそれほど臭う事はありません。
日本人でワキガの人は、やく10%ほどのようで、周りの人から嫌がられることが多く、病気ではないとしても、本人にとっては深刻な問題になっています。

そのような社会事情から、ワキガ手術は病気ではありませんが、保険適用になっています。
そのような状況から、今はワキガに大きな効果のある製品が沢山出ているので、手術を考える前に、良く調べてみる必要もありますね。もしかしたら、自分に合っている製品が見つかるかもしれません。

汗の臭いは、ほとんど臭わず異常な量がでる症状が多汗症です。