脇汗

脇汗の臭いとワキガの臭いは全く違う?

脇汗とワキガ、どちらも同じだと思っている人は多いと思います。汗は、暑い時、運動した時、緊張してかく冷や汗なども、普通の汗です。その汗は、99%が水分です。

脇汗はワキガと一緒!臭い・汗ができるとこは一緒だった

普通の汗と言われても、どんな汗?ですよね。この汗はエクリン汗腺から出る汗で、色もあまりなく薄くって乳白色をしているので、ほとんど判りません。主にタンパク質、脂質などが含まれています。

エクリン汗腺から出る汗は、99%が水分なので、ほとんど臭いはないのが特徴ですが、やはり汗をかくと、一緒に角質や身体にいらなくなった脂が出てきます。そこに雑菌繁殖して、あの汗臭い匂いがでます。

この汗は、誰でも持っている汗腺で、特に暑い時は、毎日のようにお風呂にはいったり、シャワーを浴びるなどすれば、汗臭さも軽減されます。ほとんど水分ですが、少しは脂や角質が一緒にでるので、結構臭う人もいるのは確かです。

脇汗とワキガの臭いは全く違う!汗の質の違い

脇汗も臭いはありますが、ワキガのようなツーンとした匂いではありません。中高生が部活などで使う体育館は、汗の臭いが充満している場合がありますが、耐えられない臭いではありませんね。まあ、ムッとする臭いですが、ある程度いると慣れて気にならなくなることもあります。

剣道着なども、頻繁に洗わないので汗臭い匂いがしみ込んでいますが、日干しにしたりすると、ある程度臭いは消えます。

ワキガの臭いは、脇汗とは全く違う臭いになります。アポクリン腺から出る汗と一緒に、多くのたんぱく質や、脂が出てきます。欧米人にワキガが多いのは、もともとの遺伝もありますが、肉食中心で、油脂やたんぱく質を沢山取っていることも関係しているようです。

全般的に欧米人は体温自体が高く暑がりのため、良く汗をかくので、そのため雑菌も繁殖しやすく、臭いも強くなります。ワキガは体臭としてそれほど嫌がられていないこともあり、日本ほどは、問題になっていません。

このように、脇汗とワキガは、汗の質が全く違うので、臭いも違ってきます。ワキガは遺伝的要素が多く、家族も気が付かないことが多く、本人にとっては深刻な問題なので、ちゃんとした治療が必要になります。

日本のように満員電車に乗ったり、人ごみの多いところに行ったり、レストランで隣の人との間隔がなかったりと、臭いは気になることが多いですね。

でも、今はワキガ対策の良い製品が、どんどん出ているので、それらを使って臭いがほとんど気にならなくなって、快適に過ごす人も多くなってきました。