ワキガ菌

ワキガに菌がある、それが臭いの元?

ワキガはアポクリン腺から出る汗から臭いますが、その汗そのものが臭うわけではありません。
その汗を好む菌が繁殖して、臭いを発するのです。シャワーを浴びたあと直ぐには、臭わないのです。

ワキガ菌ってどうしてできるの?

汗そのものには臭いはありませんが、衣服に付くことによって菌が繁殖するようになって、それが臭いの元となります。汗をかいた時は、汗ばかりでなく、皮脂腺からも脂が出てきます。その汗と脂が一緒になって臭いを発するのです。栄養たっぷりの汗に細菌が繁殖してできる菌がワキガ菌です。
ワキガでない人は、アポクリン腺が少なく、それを栄養にして繁殖する菌が住みにくいという事です。
菌というと、悪者にしてしまいがちですが、世の中には沢山の菌があります。たとえば乳酸菌、これは私達の身体にとても大切な菌であることは、皆さんよく知っていますね。
アポクリン腺が臭いを発する元になる菌だからと言って、すべて除いてしまう事は良くありません。まわりには様々な菌があり、皮膚感染から肌を守ってくれる菌もあるのです。

ワキガ菌対策

ワキガ菌は、おもに脇の下に多く住み着いている常住菌、コリネバクテリウムとブドウ菌などがアポクリン腺の汗を好んで、ワキガ菌になります。汗から出る水分とそれらの栄養菌によって繁殖する時に、臭いが出てきます。
特に脇の下は、衣服で覆われていることも多く、汗が流れ出ることは少ないので、細菌は活発に働き、臭いを出します。

菌を作らない

ワキガ菌は、汗が出たあと細菌が繁殖して臭うので、まず菌が発生しないようにすることですね。
それには、シャワーを使う、お風呂に入るなど、洗い流せば菌も繁殖できません。しばらくの間は、ワキガの臭いはしないのです。
しかし、一日何回もシャワーを浴びるのは無理な話で、どうしても着ている衣服に臭いが付いてしまいます。汗は衣類に吸収され菌を作ってしまうので、衣類のワキガ菌を破壊して、繁殖を抑えるクリームなり、スプレーを使う事が臭いを作らない解決になるかもしれません。
まずは、臭ってしまう衣類は着ない、シャワーを使って汗を流す、食生活は野菜中心にするなど、努力してみましょう。
今、菌を100%除菌して、一日中菌が繁殖しないノアンデという製品も出ています。敏感肌や乾燥肌の人にも、安全に使えるのは、無添加で無香料・無着色だからです。それに日本製というのも信頼できます。
色々な方法を試しても、効かなかった人には試してみても良いかもしれません。